しりとりビンゴ - PastLog

[メイン画面に戻る]
[0] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93] [94] [95] [96] [97] [98] [99] [100] [101] [102] [103] [104] [105] [106] [107] [108] [109] [110] [111] [112] [113] [114] [115] [116] [117] [118] [119] [120] [121] [122] [123] [124] [125] [126]
[ 過去ログ倉庫 ...Page : 37 ]
[3800] あさこ => 「えどべらぼうにきょうどすえ」 ( 江戸べらぼうに京どすえ )
[3799] 乙女おばさん => 「たってるものはおやでもつかえ」 ( 立ってる者は親でも使え )
[3798] あさこ => 「りくつじょうずのおこないべた」 ( 理屈上手の行い下手 )
[3797] 乙女おばさん => 「ずきんとみせてほおかむり」 ( 頭巾と見せて頬かむり )
[3796] あさこ => 「でしおみることしにしかず」 ( 弟子を見る事師に如かず )
[3795] satuki => 「いっかそうで」 ( 一家総出 )
[3794] 乙女おばさん => 「いちりゅうまんばい」 ( 一粒万倍 )
[3793] satuki => 「きしかいせい」 ( 起死回生 )
[3792] 乙女おばさん => 「いっちょういっせき」 ( 一朝一夕 )
[3791] あさこ => 「いしゃとみそはふるいほどよい」 ( 医者と味噌は古いほど良い JJさん こんばんは )
[3790] 乙女おばさん => 「いものにえたもごぞんじない」 ( 芋の煮えたご存知ない )
[3789] satuki => 「みそかばらい」 ( 晦日払い )
[3788] あぶQ・太郎 => 「さけのみ」
[3787] satuki => 「わすれなぐさ」
[3786] 乙女おばさん => 「ぬれてであわ」 ( 濡れ手で粟 )
[3785] あさこ => 「うりのつるになすびはならぬ」 ( 瓜の蔓に茄子は生らぬ JJさん皆さん こんばんは )
[3784] 乙女おばさん => 「じつげつとひかりおあらそう」 ( 日月と光お争う )
[3783] あさこ => 「ぱんだびぃれっじ」 ( パンダビィレッジ )
[3782] あぶQ・太郎 => 「なんぱ」 ( 軟派 )
[3781] satuki => 「しばしまてはやまるな」 ( しばし待て。早まるな。 )
[3780] 乙女おばさん => 「おびにみじかしたすきにながし」 ( 帯に短し襷に長し )
[3779] satuki => 「すなお」 ( 素直 )
[3778] あさこ => 「さんにんこもちはわろうてくらす」 ( 三人子持ちは笑うて暮らす )
[3777] あぶQ・太郎 => 「うんでいのさ」 ( 雲泥の差 )
[3776] あさこ => 「るーげーりっくきゅうじょう」 ( ルー・ゲーリック球場 )
[3775] 乙女おばさん => 「れいおもってうみおはかる」 ( 蠡を以て海を測る )
[3774] あさこ => 「うきよわたらばとうふでわたれ」 ( 浮世渡らば豆腐で渡れ )
[3773] 乙女おばさん => 「らいねんのこといえばおにわらう」 ( 来年のこと言えば鬼が笑う )
[3772] satuki => 「めがしら」 ( 目頭 JJさん皆さんこんにちわ )
[3771] あぶQ・太郎 => 「こまちむすめ」 ( 小町娘 )
[3770] あさこ => 「かがみおんなにそりおとこ」 ( 屈み女に反り男 )
[3769] 備前錦 => 「ずーむかー」 ( 南海21000系 )
[3768] satuki => 「くろうしらず」 ( 苦労知らず )
[3767] あぶQ・太郎 => 「ずいいけいやく」 ( 随意契約 )
[3766] あさこ => 「うえたるいぬはぼうおおそれず」 ( 飢えたる犬は棒を恐れず )
[3765] satuki => 「じかんきゅう」 ( 時間給 )
[3764] あさこ => 「よいざめのみずはかんろのあじ」 ( 酔い醒めの水は甘露の味 )
[3763] 乙女おばさん => 「るすみまいはまどおにせよ」 ( 留守見舞いは間遠にせよ )
[3762] あさこ => 「るいおもってあつまる」 ( 類を以て集まる )
[3761] 乙女おばさん => 「るりもはりもてらせばひかる」 ( 瑠璃も玻璃も照らせば光る )
[3760] あさこ => 「れいにはじまりらんにおわる」 ( 礼に始まり乱に終る )
[3759] 乙女おばさん => 「げたもあみだもおなじきのきれ」 ( 下駄もあみだも同じ木の切れ )
[3758] あさこ => 「じっぱひとからげ」 ( 十把一絡げ JJさん こんにちは )
[3757] 備前錦 => 「いんふぉめーしょんてくのろじー」 ( ITのことです。 )
[3756] 乙女おばさん => 「いしゃとみそはふるいほどよい」 ( 医者と味噌は古いほど良い )
[3755] satuki => 「えんまんかてい」 ( 円満家庭 おはようございます。寒いくらいよ )
[3754] あさこ => 「えどべらぼうにきょうどすえ」 ( 江戸べらぼうに京どすえ )
[3753] あぶQ・太郎 => 「おいてはこにしたがえ」 ( 老いては子に従え )
[3752] あさこ => 「きずぐちにしお」 ( 傷口に塩 )
[3751] 乙女おばさん => 「ななころびやおき」 ( 七転び八起き )
[3750] あさこ => 「いりでっぽうにでおんな」 ( 入り鉄砲に出女 )
[3749] あぶQ・太郎 => 「えいこせいすい」 ( 栄枯盛衰 )
[3748] あさこ => 「ぬれぬさきこそつゆおもいとえ」 ( 濡れぬ先こそ露をも厭え こんにちは )
[3747] 乙女おばさん => 「うまとぶしはみかけによらぬ」 ( 馬と武士は見かけによらぬ )
[3746] satuki => 「むしばちりょう」 ( 虫歯治療 おはようございます )
[3745] 乙女おばさん => 「むりがとおればどうりひっこむ」 ( 無理が通れば道理引っ込む )
[3744] あさこ => 「らくいんきょらくにくるしむ」 ( 楽隠居楽に苦しむ )
[3743] 乙女おばさん => 「いわしのあたまもしんじんから」 ( 鰯の頭も信心から )
[3742] あさこ => 「むかしからいうことにうそはない」 ( 昔から言う事に嘘はない )
[3741] 乙女おばさん => 「じゃすんにしてひとおのむ」 ( 蛇寸にして人お飲む )
[3740] あさこ => 「よいざめのみずはかんろのあじ」 ( 酔い醒めの水は甘露の味 )
[3739] 乙女おばさん => 「るすみまいはまどおにせよ」 ( 留守見舞いは間遠にせよ )
[3738] あさこ => 「ずいとくじおきめる」 ( 随徳寺をきめる )
[3737] 乙女おばさん => 「くんしあやうきにちかよらず」 ( 君子危うきに近寄らず )
[3736] あさこ => 「くわぬめしがひげにつく」 ( 食わぬ飯が髭に付く )
[3735] 乙女おばさん => 「くつおへだててかゆきおかく」 ( 靴を隔てて痒きを掻く )
[3734] あさこ => 「らんぽうぎょく」 ( ランポウギョク サボテンの一種 )
[3733] あぶQ・太郎 => 「るーじゅら」 ( ルージュラって何? )
[3732] 乙女おばさん => 「いっぱいちにまみれる」 ( 1敗地に塗れる )
[3731] あさこ => 「いちじつせんしゅうのおもい」 ( 一日千秋の思い こんにちは )
[3730] 乙女おばさん => 「いそのあわびのかたおもい」 ( 磯の鮑の片思い )
[3729] あさこ => 「いものにえたもごぞんじない」 ( 芋の煮えたもご存じない )
[3728] 乙女おばさん => 「いしゃとみそはふるいほどよい」 ( 医者と味噌は古いほど良い )
[3727] あさこ => 「りっすいのよちもない」 ( 立錐の余地もない )
[3726] 乙女おばさん => 「ずきんとみせてほおかむり」 ( 頭巾と見せて頬かむり )
[3725] あさこ => 「うえたるいぬはぼうおおそれず」 ( 飢えたる犬は棒を恐れず )
[3724] あぶQ・太郎 => 「るばんぐとう」 ( ルバング島 激戦地。 )
[3723] あさこ => 「ずいときじおきめる」 ( 随徳寺をきめる )
[3722] 乙女おばさん => 「ねこはとらのこころおしらず」 ( 猫は虎の心お知らず )
[3721] あぶQ・太郎 => 「るっくすわるいおばさんね」 ( 誰のことよ? あなたのことよ。 )
[3720] あさこ => 「ちいさくうんでおおきくそだてる」 ( 小さく生んで大きく育てる )
[3719] satuki => 「ぬまにおち」 ( 沼に落ち )
[3718] 乙女おばさん => 「にてもやいてもくえぬ」 ( 煮ても焼いても食えぬ )
[3717] あぶQ・太郎 => 「よせばいいのに」
[3716] あさこ => 「るすみまいはまどおにせよ」 ( 留守見舞いは間遠にせよ )
[3715] 乙女おばさん => 「いぬもあるけばぶにあたる」 ( 犬も歩けば棒に当たる )
[3714] satuki => 「ずるがしこい」 ( ずる賢い )
[3713] 乙女おばさん => 「ずずめひゃくまでおどりわすれず」 ( 雀百まで踊り忘れず )
[3712] あさこ => 「しせきおべんせず」 ( 咫尺を弁せず )
[3711] 乙女おばさん => 「えんりょひるだしだてさむし」 ( 遠慮ひだるし伊達寒し )
[3710] あさこ => 「えどべらぼうにきょうどすえ」 ( 江戸べらぼうに京どすえ )
[3709] 乙女おばさん => 「ぬれぬさきこそつゆおもいとえ」 ( 濡れぬ先こそ露をも厭え )
[3708] あさこ => 「りょうほうたてればみがたたぬ」 ( 両方立てれば身が立たぬ )
[3707] 乙女おばさん => 「したしきなかにもれいぎあり」 ( 親しき中にも礼儀あり )
[3706] あさこ => 「いうはやすくおこなうはかたし」 ( 言うは易し行うは難し )
[3705] 乙女おばさん => 「しゅっけのねんぶつぎらい」 ( 出家の念仏嫌い )
[3704] あさこ => 「びんぼうひまなし」 ( 貧乏暇なし )
[3703] 乙女おばさん => 「りゅうとうだび」 ( 竜頭蛇尾 )
[3702] あぶQ・太郎 => 「しったかぶり」 ( 知ったかぶり )
[3701] あさこ => 「したじはすきなりぎょいはなし」 ( 下地は好きなり御意はよし )



Arranged by taiyaki/ Original by NUCLEUS