しりとりビンゴ - PastLog

[メイン画面に戻る]
[0] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93] [94] [95] [96] [97] [98] [99] [100] [101] [102] [103] [104] [105] [106] [107] [108] [109] [110] [111] [112] [113] [114] [115] [116] [117] [118] [119] [120] [121] [122] [123] [124] [125] [126]
[ 過去ログ倉庫 ...Page : 38 ]
[3900] あさこ => 「なかぬほたるがみおこがす」 ( 鳴かぬ蛍が身を焦がす )
[3899] あぶQ・太郎 => 「しょっぱな」 ( 発端、初手。はじめ。 )
[3898] 乙女おばさん => 「うおのふちゅうにあそぶがごとし」 ( 魚の釜中に遊ぶが如し  こんばんは〜♪ )
[3897] あさこ => 「みかけばかりのからだいみょう」 ( 見かけばかりの空大名 皆さん こんにちは )
[3896] あぶQ・太郎 => 「こまねずみ」
[3895] あさこ => 「だんだんよくなるほっけのたいこ」 ( だんだん良くなる法華の太鼓 )
[3894] 乙女おばさん => 「なさけがあだ」 ( 情けが仇 )
[3893] satuki => 「るいじあな」 ( ルイジアナ )
[3892] あさこ => 「ずいとくじおきめる」 ( 随徳寺をきめる )
[3891] 乙女おばさん => 「ちゅうしんはにくんにつかえず」 ( 忠臣は二君に使えず )
[3890] あさこ => 「ぬすびとのちょうちんもち」 ( 盗人の提灯持ち )
[3889] 乙女おばさん => 「うだつがあがらぬ」 ( うだつが上がらぬ )
[3888] satuki => 「るそんとう」 ( ルソン島 )
[3887] 乙女おばさん => 「るりもはりもてらせばひかる」 ( 瑠璃も玻璃も照らせば光る )
[3886] satuki => 「いじわる」 ( 意地悪 )
[3885] あさこ => 「いそのあわびのかたおもい」 ( 磯の鮑の片思い )
[3884] 乙女おばさん => 「いしゃとみそはふるいほどよい」 ( 医者と味噌は古いほどよい )
[3883] あさこ => 「しんぷくのやまい」 ( 心腹の病 )
[3882] 乙女おばさん => 「なさけにはむかうやいばなし」 ( 情けに刃向かう刃なし )
[3881] あさこ => 「りちぎはあほうのからな」 ( 律儀は阿呆の唐名 )
[3880] 乙女おばさん => 「ずきんとみせてほおかむり」 ( 頭巾と見せて頰冠り )
[3879] あさこ => 「うえたるいぬはぼうおおそれず」 ( 飢えたる犬は棒を恐れず )
[3878] 乙女おばさん => 「いぬにねんぶつねこにきょう」 ( 犬に念仏猫に経 )
[3877] あさこ => 「ていしゅはたっしゃでるすがよい」 ( 亭主は達者で留守が良い JJさん、お元気ですか? )
[3876] satuki => 「らんどせるしょって」 ( ランドセルしょって )
[3875] 乙女おばさん => 「にぎればこぶしひらけばてのひら」 ( 握れば拳開けば掌 )
[3874] 備前錦 => 「うぉるとでぃずにー」 ( 鼠軍団の親方 )
[3873] 乙女おばさん => 「わざわいさんねんときのよう」 ( 禍三年時の用 )
[3872] satuki => 「るびーのゆびわ」 ( ルビーの指輪 )
[3871] 乙女おばさん => 「くちじゃみせんにのせる」 ( 口三味線に乗せる  JJさん おはよう〜♪ )
[3870] あさこ => 「ぶんそうおうにかぜがふく」 ( 分相応に風が吹く )
[3869] あぶQ・太郎 => 「るるぶ」 ( 旅行雑誌。 )
[3868] あさこ => 「りゅうげんはちしゃにとどまる」 ( 流言は知者に止まる )
[3867] 乙女おばさん => 「したしきなかにもれいぎあり」 ( 親しき中にも礼儀あり )
[3866] あさこ => 「ひだるいときにまずいものなし」 ( ひだるい時に不味いものなし JJさん こんばんは )
[3865] satuki => 「うみのひ」 ( 海の日 )
[3864] 乙女おばさん => 「しゃかにせっぽうこうしにごどう」 ( 釈迦に説法孔子にに悟道 )
[3863] satuki => 「すめし」 ( 酢飯 おはようございます )
[3862] 乙女おばさん => 「うわさおすればかげがさす」 ( 噂すれば影がさす   おはようございます♪ )
[3861] あさこ => 「らっかりゅうすいのじょう」 ( 落花流水の情 )
[3860] 乙女おばさん => 「くわずひんらくたかまくら」 ( 食わず貧楽高枕 )
[3859] あさこ => 「むいかのあやめとおかのきく」 ( 六日の菖蒲、十日の菊 )
[3858] 乙女おばさん => 「すいちゅうにひおもとむ」 ( 水中に火お求む )
[3857] あさこ => 「ますではかってみでこぼす」 ( 枡で量って箕でこぼす )
[3856] あぶQ・太郎 => 「しまうま」 ( ゼブラ )
[3855] あさこ => 「じんせいちょうろのごとし」 ( 人生朝露の如し JJさん こんばんは )
[3854] 備前錦 => 「ぶしはくわねどたかようじ」 ( 武士は食わねど高楊枝 )
[3853] あさこ => 「すんおまげてしゃくおのぶ」 ( 寸を曲げて尺を伸ぶ )
[3852] 乙女おばさん => 「きびすおかえす」 ( 踵を返す )
[3851] あぶQ・太郎 => 「てまねき」 ( 手招き。こっちにお出で。 )
[3850] satuki => 「うりて」 ( 売りて おはようございます )
[3849] 乙女おばさん => 「ざいせいけんぜんかほう」 ( 財政健全化法 )
[3848] あぶQ・太郎 => 「いざこざ」
[3847] satuki => 「よさこいよさこい」
[3846] 乙女おばさん => 「るすみまいはまどおにせよ」 ( 留守見舞いは間遠にせよ )
[3845] satuki => 「くいあらためる」 ( 悔い改める )
[3844] 乙女おばさん => 「るいじゅさんだいきゃく」 ( 類聚三代格 )
[3843] あさこ => 「れいもすぎればぶれいになる」 ( 礼も過ぎれば無礼になる )
[3842] あぶQ・太郎 => 「つみれ」
[3841] あさこ => 「ずかんそくねつ」 ( 頭寒足熱 )
[3840] 乙女おばさん => 「るいしんしょうてんれんず」 ( 累進焦点レンズ )
[3839] あさこ => 「ぶたもおだてりゃきにのぼる」 ( 豚もおだてりゃ木に登る )
[3838] 乙女おばさん => 「めんどりうたえばいえほろぶ」 ( 雌鳥歌えば家滅ぶ )
[3837] あさこ => 「きのうはよめきょうはしゅうとめ」 ( 昨日は嫁今日は姑 )
[3836] 乙女おばさん => 「るいらんのあやうき」 ( 累卵の危うき )
[3835] あさこ => 「ぬすびとにかぎおあずける」 ( 盗人に鍵を預ける )
[3834] 乙女おばさん => 「なくことじとうにはかてぬ」 ( 泣く子と地頭には勝てぬ )
[3833] あぶQ・太郎 => 「そしな」 ( 粗品 )
[3832] 乙女おばさん => 「るいきんぞくげんそ」 ( 類金属元素 )
[3831] satuki => 「たんちょうづる」 ( 丹頂鶴 )
[3830] あさこ => 「われなべにとじぶた」 ( 割れ鍋に綴じ蓋 )
[3829] 乙女おばさん => 「やけいしにみずだわ」 ( 焼け石に水だわ )
[3828] あさこ => 「れっしゃ」 ( 列車 )
[3827] satuki => 「いんどかれー」 ( インドカレー )
[3826] あさこ => 「ういてんぺんはよのならい」 ( 有為転変は世の習い )
[3825] 乙女おばさん => 「よいっぱりのあさねぼう」 ( 宵っ張りに朝寝坊 )
[3824] あさこ => 「げんぜあんのんごしょうぜんしょ」 ( 現世安穏後生善処 )
[3823] 乙女おばさん => 「ときのようにははなおそげ」 ( 時の用には鼻お削げ )
[3822] あさこ => 「るみねざよしもと」 ( ルミネtheよしもと )
[3821] 乙女おばさん => 「ねこがこえればかつおぶしやせる」 ( 猫が肥えれば鰹節が痩せる )
[3820] あさこ => 「ながこうじょうはあくびのたね」 ( 長口上は欠伸の種 おはようございます。 )
[3819] 乙女おばさん => 「こころのこまにたづなゆるすな」 ( 心の駒に手綱許すな )
[3818] satuki => 「うさぎのこ」 ( 兎の子 )
[3817] あさこ => 「すりこぎでじゅうばこあらう」 ( すりこ木で重箱洗う )
[3816] あぶQ・太郎 => 「しかのつのおはちがさす」 ( 鹿の角を蜂が刺す )
[3815] あさこ => 「みずからひくうすればたっとし」 ( 自ら卑くうすれば尊し )
[3814] satuki => 「めんどうみ」 ( 面倒見 こんにちわ )
[3813] あさこ => 「うまれるまえのむつきさだめ」 ( 生まれる前の襁褓定め こんにちは 小雨が降ってます。 )
[3812] 乙女おばさん => 「めはくちほどにものおいう」 ( 目は口程に物お )
[3811] satuki => 「ういういしいはなよめ」 ( 初々しい花嫁 )
[3810] 乙女おばさん => 「るーげーりっくきゅうじょう」 ( ルー・ゲーリック球場 )
[3809] あさこ => 「るびこんおわたる」 ( ルビコンを渡る )
[3808] 乙女おばさん => 「るりもはりもてらせばひかる」 ( 瑠璃も玻璃も照らせば光る )
[3807] あさこ => 「いしのあるところにはみちがある」 ( 意志の有る所には道が有る こんにちは )
[3806] 乙女おばさん => 「ぬすびとたけだけしい」 ( 盗人猛々しい )
[3805] あさこ => 「どこのからすもくろさはかわらぬ」 ( どこの烏も黒さは変わらぬ )
[3804] satuki => 「しんどばっど」 ( シンドバッド )
[3803] 乙女おばさん => 「うおのふちゅうにあそぶがごとし」 ( 魚の府中に遊ぶが如し )
[3802] あさこ => 「とらぬたぬきのかわざんよう」 ( 取らぬ狸の皮算用 )
[3801] 備前錦 => 「えーとぅーぜっと」 ( そんな名前の競走馬がいました。 )



Arranged by taiyaki/ Original by NUCLEUS