短歌しりとり - PastLog

[メイン画面に戻る]
[0] [1]
[ 過去ログ倉庫 ...Page : 1 ]
[149] ターキー => 「すてきだな まふらーなびかせ さっそうと あるくすがたに ただただみほれ」
( 若くて凜としてる )
[148] JJ => 「たきびして だんをとります あたたまる ふたりのなかが ちぢまります」
( 焚き火して 暖をとります 温まる 二人の仲が 縮まります(乙女おばさん様、ターキー様、ととろ様 有難う御座います) )
[147] ターキー => 「にらんだら にらみかえされ にげたのよ するとうしろを おっかけてきた」
( 気持ち悪かった )
[146] ととろ => 「かがくしゃは しっぱいしても がんばって にほんいちから せかいいちいに」
( 科学者は 失敗しても 立ち上がり 日本一から 世界一位に  )
[145] ターキー => 「るそんから とうきょうまでの ふなたびは みっかかかるか よっかになるか」
( むつかしいなぁ )
[144] 乙女おばさん => 「ゆうしゅうのび かざりしきみは そつぎょうす あゆむぜんとに さちあれいのる」
( 有終の美飾りて君は卒業す 歩む前途に幸あれ祈る )
[143] JJ => 「なかまたち それぞれたびだつ きせつです そつぎょうしきで ゆうしゅうのび」
( 仲間たち それぞれ旅立つ 季節です 卒業式で 有終の美(乙女おばさん様こんにちは。いつも素晴らしい名首を有難う御座います。) )
[142] 乙女おばさん => 「れんげそう はなのかんむり くびかざり つくりしころが なつかしきかな」
( れんげ草 花のかんむり、首飾り 作りし頃が 懐かしきかな  (子供の頃蓮華の花で作って遊んだ) )
[138] 乙女おばさん => 「さんがつの えがおのような きんせんか ぼうそうのはる ひとあしはやく」
( JJさん こんばんは〜(^^♪ 2月の下旬に 房総の春を・・・ )
[137] JJ => 「やさしいと いわれてうれしい こともある ほんとうはあんがい ちゃっかりものさ」
( 優しいと 言われて嬉しい 事もある 本当は案外 ちゃっかり者さ(私の事です^^; 乙女おばさん様、いつも有難う御座います。) )
[136] 乙女おばさん => 「ななころび やおきのじんせい おもしろき つなぐこよいも たのしからずや」
( 七転び 八起の人生 面白き 繋ぐ今宵も 楽しからずや )
[135] JJ => 「ものがたっている ふゆのさむさが みにしみて それでもげんきに すごすあさかな」
( 物語っている 冬の寒さが 身に凍みて それでも元気に 過ごす朝かな(乙女おばさん様いつもありがとう御座います。) )
[134] 乙女おばさん => 「すてきだよ なにかいいこと あったのね あふれるえがおが ものがたっている」
( JJさん 繋いでいただき ありがとうございました。 )
[133] JJ => 「こうらほんてん かにりょうりの めいてんです おいしいりょうりが たくさんでます」
( 甲羅本店 カニ料理の 名店です 美味しい料理が 沢山出ます(乙女おばさん様。繋いでいただき大変感謝しております<(_ _)>) )
[132] 乙女おばさん => 「ささやかな おいわいごとも うれしいな こらとそろって こうらほんてん」
( 次男夫婦が車で迎えに来て 今度の土曜日甲羅本店で昼食会。 )
[131] JJ => 「できそうで できないことが やまほどと むりせずすすむ わがじんせいさ」
( 出来そうで 出来ない事が 山ほどと 無理せず進む 我が人生さ(皆様ご心配をお掛けして申し訳ありません。本日より本格的に復活します。) )
[130] 乙女おばさん => 「じてんしゃで やまさかこいで すいすいと むかしたいへん いまでんどうで」
( 起伏のあるところでは電動自転車があるので大助かりです。 )
[129] せーやん => 「たまにかつ だからやめれぬ きょうてい ここのしゅじんの けいばとおなじ」
( 偶に勝つ だから止めれぬ 競艇 此処の主人の 競馬と同じ  JJさん失言でしたすみませんね )
[128] ぎっちょ => 「でてますね きょうのしまは うんがいい あしたもここに すわるときめた」
( パチンコしたことないですが並んでいる台のことを島と呼ぶのですよね? )
[127] せーやん => 「めだしぼう かぶっていくか しごとにね ごうとういくのと まちがえないで」
( 眼だし帽 被って行くか 仕事にね 強盗行くの 間違えないで )
[126] JJ => 「りすうけい あんがいとくいな わたしかな ぶんけいなどは からっきしだめ」
( 理数系 案外得意な 私かな 文系などは からっきしダメ(実話ですかね^^; 風邪をこじらせましたが、本日から復帰です。) )
[125] ぎっちょ => 「ちからもち まさかりかつぎ きんたろう まいにちやまで くまとすもうとり」
( ほんとの昔話ですかね( ̄▽ ̄;) )
[124] 乙女おばさん => 「だいすきな うたでりずむを とりながら きょうもたのしく すごすいちにち」
( JJさん いつもありがとうございます。 )
[123] JJ => 「らくをして おかねをかせぐ ほうほうが わからないです それでいいのだ」
( 楽をして お金を稼ぐ 方法が 解らないです それで良いのだ (苦労してこそでしょうね^^; いつも有難う御座います^^♪) )
[122] ぎっちょ => 「すいてます どこにいっても このまちは どうしてこんな なのかしら」
( それは人口に関係あります^^ )
[121] JJ => 「にじゅうまん それでもまちは にぎわって かいものきゃくが たくさんいます」
( 二十万 それでも街は 賑わって 買い物客が たくさん居ます (皆様いつも素晴らしい名首のご投稿有難う御座います^^♪) )
[120] ぎっちょ => 「いなかまち すんでるところ ほんとうに じんこうわずか にじゅうまん」
( 正確には29万人くらいの神戸市に近い市です。 )
[119] せーやん => 「たまにはね だいてやりたい きもするが さきにいびきかき ねるわがぐさい」
( 偶にはね 抱いてやりたい 気もするが 先に鼾掻き 寝る我が愚妻 )
[118] JJ => 「よくみると わがよめなりと おもうなり だけどたにんの かのじょであった」
( よく見ると 我が嫁なりと 思うなり だけど他人の 彼女であった(皆様。いつもまことに有難う御座います<(_ _)>) )
[117] せーやん => 「のんだとて わすれることが できぬひと こんやもひとり てじゃくざけよ」
( 飲んだとて 忘れぬ事が 出来ぬ人 今夜も一人 手酌酒よ )
[116] ぎっちょ => 「ぐっときた かなしいはなし きかされて やめてください なみだがでるの」
( 悲しい恋のお話しでした^^ )
[115] 乙女おばさん => 「うれしいね きみのことばに またつなぐ にんちよぼうに のうとれにんぐ」
( 脳トレ…楽しい仲間とつないでうれしいですね。 )
[114] JJ => 「るーといん よいほてるだな ぜったいに さーびすまんてん きぶんさいこう」
( ルートイン 良いホテルだな 絶対に サービス満点 気分最高(乙女おばさん様の名首には負けますが。。。^^; おやすみなさいませzzz) )
[113] 乙女おばさん => 「ななころび やおきであゆもう だるまさん きんしのもじを ついわすれてる」
( 今日は大丈夫かなと読み返し見る。。。 )
[112] JJ => 「ひまんたいなり しなけりゃならぬ だいえっと やせていけめん めざすわれかな」
( 肥満体なり しなけりゃならぬ ダイエット やせてイケメン 目指す我かな (せーやん様の名首には負けますが。。。^^;) )
[111] せーやん => 「すぐそこへ いくにもくるま りようする わががつくった ひまんたいなり」
( すぐ其処へ 行くにも車 利用する 我がが作った 肥満体なり )
[110] JJ => 「わすれるために ひびのどりょくも しないとね それができない わたしがいます」
( 忘れるために 日々の努力も しないとね それが出来ない 私がいます (ぎっちょ様はもう悟りを開かれましたね^^♪) )
[109] ぎっちょ => 「せのびする てんをあおいで きもちよく いやなことなど わすれるために」
( ですかね。 )
[108] JJ => 「かえりたい あのひのおもいで わすれない そういうともに であえしあわせ」
( 帰りたい あの日の思い出 忘れない そういう友に 出会え幸せ(皆様いつも素晴らしい名首の披露有難う御座います。) )
[107] せーやん => 「よんでるね みなさまうまく かんがえて われもまけずに あたまひねるか」
( 詠んでるね 皆様旨く 考えて 我も負けずに 頭捻るか )
[106] ぎっちょ => 「みましたよ はるこうばれー あわれだね みやこのしりつ みごとまけたよ」
( 以前は北海道の高校が強かったそうですね。 )
[105] 乙女おばさん => 「たのしくて しりとりつなぐ きょうもまた だれからだれへ つなぐたのしみ」
( 楽しく )
[104] JJ => 「らいねんの はなしをすれば おにわらい せつぶんしながら かんがえていた」
( 来年の 話をすれば 鬼笑い 節分しながら 考えていた (まだまだ先の話ですが。。。^^; 皆様こんばんは。) )
[103] 乙女おばさん => 「すずやかな きみのおかおが ほころんだ なにかいいこと あったのかしら」
( (涼やかな 君のお顔が 綻んだ 何かいいこと あったのかしら) )
[102] JJ => 「なしごれん いちどでいいから たべてみたい きっとおいしい あじがします」
( ナシゴレン 一度でいいから 食べてみたい きっと美味しい 味がします(皆様へ いつも素晴らしい名首を有難う御座います。) )
[101] ぎっちょ => 「ずるずると あとをひきずり いつまでも おとこのくせに もんくをいうな」
( 男らしくない誰かさん。 )



Arranged by JJtaiyaki/ Original by NUCLEUS