短歌しりとり - PastLog

[メイン画面に戻る]
[0] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17]
[ 過去ログ倉庫 ...Page : 1 ]
[200] ととろ => 「くりんとん だうとうりょうの おくさまは がんばったけど まけてしまった」
( クリントン 大統領の 奥様は 頑張ったけど 負けてしまった )
[199] ターキー => 「のうりょくは あせがくじゅうくで かんがいち はつめいおうの えじそんいわく」
( 能力は 汗が九十九で 勘は一 発明王の エジソン曰く )
[198] あさこ => 「てがみかく みくだりはんか みじかさに ごかいをまねく おそれありなの」
( 手紙書く 三行半か 短さに 誤解を招く 恐れ有りなの )
[197] ターキー => 「なかないで もうすぐあえる まっててね えんきょりれんあい あうたびもえて」
( 泣かないで もうすぐ逢える 待っててね 遠距離恋愛 逢う度燃えて )
[196] あさこ => 「きれいだね そらもくうきも すみわたり てんたかくさく ひまわりのはな」
( 綺麗だね 空も空気も 澄み渡り 天高く咲く 向日葵の花 )
[195] ターキー => 「のどかだね いなかはいいな しずかだし のにははなさき もりにとりなき」
( 長閑だね 田舎はいいな 静かだし 野には花咲 森に鳥鳴き )
[194] あさこ => 「るすばんは いないけれども いってきます ただいまのことば かならずいうの」
( 留守番は 居ないけれども 行って来ます ただいまの言葉 必ず言うの )
[193] ターキー => 「きみはきみ ぼくはしろみで たまごのなか しろもはきみを いつもだいてる」
( 君は黄身 僕は白身で 玉子の仲 白身は黄身を いつも抱いてる )
[192] 乙女おばさん => 「ときとして としをわすれて てつやする むちゅうになれる もののうれしき」
( 時として 年を忘れて 徹夜する 夢中になれる もののうれしき )
[191] ターキー => 「すきだこそ それにしゅうちゅう できるのよ じょうたつするには まずほれること」
( 好きだこそ それに集中 できるのよ 上達するには まず惚れること )
[190] JJ => 「なまいきな たいどをとるも かわいくて そんなかのじょに くびったけです」
( 生意気な 態度を取るも 可愛くて そんな彼女に 首っ丈です )
[189] ターキー => 「りんどうの うたをうたった おちよさん ほかにもあったね からたちのはな」
( 竜胆の 歌を唄った お千代さん 他にもあったね 枳殻の花 )
[188] 乙女おばさん => 「もういちど いってみたいな ふらんすへ かいてあるいた せーぬのほとり」
( もう一度 行ってみたいな フランスへ 描いて歩いた セーヌの辺り (26年前に) )
[187] ターキー => 「いいところ いまもいきたい いよのくに こうほういしづち せとないかいも」
( いい処 今も行きたい 伊予の国 高峰石鎚 瀬戸内海も )
[186] JJ => 「るっくすは なみだがこころは ひろいです そういうひとに わたしはなりたい」
( ルックスは 並だが心は 広いです そういう人に 私はなりたい (ターキー様、乙女おばさん様いつも有難う御座います。) )
[185] 乙女おばさん => 「しらはえに なつかしきとも ぐうぜんに あえばおもいで よみがえりくる」
( 白南風に 懐かしき友 偶然に 遇えば思い出 蘇りくる )
[184] ターキー => 「なつかしい ふるさとたずね ともにあう みんなそれぞれ おもかげのこし」
( 懐かしい 故郷訪ね 友に逢う 皆それぞれに 面影残して )
[183] JJ => 「てをとって たがいにきずな ふかめあい ふうふえんまん すばらしきかな」
( 手をとって 互いに絆 深め合い 夫婦円満 素晴らしきかな (皆様いつも有難う御座います。) )
[182] 乙女おばさん => 「だいすきと いわれてしょたい もちました いまはしあわせ ともにあゆみて」
( 大好きと 言われて世帯 もちました 今は幸せ 共に歩みて )
[181] ターキー => 「のうぎょうは しょくぶつせいいく てだすけだ たいようみずと たんさんがすだ」
( 農業は 植物生育 手助けだ 太陽と水 炭酸ガスだ )
[180] hideko => 「りえんせぬ りんくはずされ こまったわ なぜはずしたか わからなの」
( 離縁せぬ リンク外され 困ったわ 何故外したか わからない )
[179] ターキー => 「ろうそくと むちとひーるを とりそろえ さあえすえむしょーの はじまりはじまり」
( ローソクと ムチとヒールを 取り揃え さあSMショーの はじまりはじまり )
[178] hideko => 「ねむたいが とうこうしたい なぜかなと おわかりかなと わかるだろ」
( 眠たいが 投稿したい 何故かなと お判りかなと 判るだろ )
[177] ターキー => 「びきにきて およぐことなく かっぽする だんせいのめを いしきしてるね」
( ビキニ着て 泳ぐことなく 闊歩する 男性の目を 意識してるね )
[176] JJ => 「しんごんあごん ぶっきょうのしゅるい いろいろと べんきょうになる ありがたきひび」
( 真言阿含 仏教の種類 色々と 勉強になる 有難き日々 (ターキー様いつも有難う御座います<(_ _)>) )
[175] ターキー => 「りんざいしゅう じょうどしんしゅう じょうどしゅう そうとうてんだい しんごんあごん」
( 臨済宗 浄土真宗 浄土宗 曹洞天台 真言阿含 )
[174] JJ => 「くろうにん いつかむくわれ だいふごう やがてはせかいの おさとなりけり」
( 苦労人 何時かは報われ 大富豪 やがては世界の 長となりけり (ターキー様の名作には負けますが・・・^^;) )
[173] ターキー => 「さけのみは さけはのんでも のまれるな のめばてんごく これぞごくらく」
( 酒飲みは 酒は飲んでも 飲まれるな 飲めば天国 これぞ極楽 )
[172] JJ => 「わすれてた おもいだせない あのひとの なまえがなんだか わからないのさ」
( 忘れてた 思い出せない あの人の 名前が何だか 分からないのさ (ターキー様いつも有難う御座います^^♪) )
[171] ターキー => 「すっぴんで はずかしいので ますくした かぜひいたかと たずねられたわ」
( スッピンで 恥ずかしいので マスクした 風邪ひいたかと 尋ねられたわ )
[170] JJ => 「りずむかん ぜろのぼくでも おどれます ぼんおどりならば おはこです」
( リズム感 ゼロの僕でも 踊れます 盆踊りならば 十八番です (皆様お早う御座います。いつも有難う御座います^^♪) )
[169] ターキー => 「もりのなか こびとさんたち おどってる てびょうしとって あしびょうしとり」
( 森の中 小人さん等が 踊ってる 手拍子とって 足拍子とり )
[168] ととろ => 「もったいない もったいないと まーたいし そしてもらった のーべるしょうも」
( もったいない もったいないと マータイ氏 そしてもらった ノーベル賞も )
[167] ターキー => 「すてるかみ あればぎゃくの ひろうかみ たかがかみでも きちょうなかみも」
( 捨てる紙 あれば逆の 拾う紙 たかが紙でも 貴重な紙も )
[166] JJ => 「よのなかは いろいろあって おもしろい そうおもってる わたしがいます」
( 世の中は 色々あって 面白い そう思ってる 私がいます (皆様こんにちは。いつも有難う御座います<(_ _)>) )
[165] ターキー => 「てのひらを かえしたような ふるまいに しんようできぬと はんだんしたよ」
( 手の平を 返したような 振る舞いに 信用できぬと 判断したよ )
[164] 乙女おばさん => 「せかせかと いかずのんびり たのしもう あたまかいてん ふるにいかして」
( せかせかと 行かずのんびり 楽しもう 頭回転 フルに生かして )
[163] ターキー => 「できわるく がっこうせいせき いつもびり しゃかいでもまれ どえらいしゅっせ」
( 出来悪く 学校成績 いつもびり 社会でもまれ どえらい出世 )
[162] 乙女おばさん => 「にこにこと きょうもたのしく ゆめのはし わたっていこう むこうきしまで」
( にこにこと 今日も楽しく 夢の橋 渡っていこう 向こう岸まで )
[161] ターキー => 「ぎりにんじょう とせいのみちは きびしいぜ ぎりをとうせば はくじょうものに」
( 義理人情 渡世の道は 厳しいぜ 義理を通せば 薄情者に )
[160] 乙女おばさん => 「よろしくね あちらこちらで すれちがい おっておわれて ことのはつなぎ」
( よろしくね あちらこちらで すれ違い 追って追われて 言の葉繋ぎ )
[159] ターキー => 「うえみれば きりないとしり したむいて けなげにさいた ゆりのはなみよ」
( 上見れば 切り無いと知り 下向いて 健気に咲いた 百合の花見よ )
[158] 乙女おばさん => 「にっこりと ほほえむように たちあおい うえまでさくと つゆあけという」
( にっこりと 微笑むように タチアオイ 上まだ咲くと 梅雨明けという )
[157] ターキー => 「すっぴんで けしょうもいらぬ いいすはだ まいよみがいて いざかまくらに」
( スッピンで 化粧も要らぬ いい素肌 毎夜磨いて いざ鎌倉に )
[156] 乙女おばさん => 「たのしいね ひとりふたりと よってきて ことのはあそび つないでぴーす」
( 楽しいね 一人二人と よって来て 言の葉遊び 繋いでピース )
[155] ターキー => 「いよなのよ どうごおんせん まつやまじょう まさおかしきも ぼっちゃんもいた」
( 伊予なのよ 道後温泉 松山城 正岡子規も 坊ちゃんも居た )
[154] ととろ => 「とくしまで まもなくですよ あわおどり どうかみなさん おどってほしい」
( 徳島で 間もなくですよ 阿波踊り どうか皆さん 踊って欲しい )
[153] ターキー => 「でんとうに ががひらいして まっている はげしくとんで ばたばたばたと」
( 電灯に蛾が飛来して舞っている激しく飛んでバタバタバタと )
[152] ととろ => 「りきしたち けいこしている とくしまの ぶんりだいがく たいいくかんで」
( 力士たち 稽古している 徳島の 文理大学 体育館で    これ事実です。昨日から・・ )
[151] ターキー => 「るんばなら まかしておきな ぷろなみよ かるいすてっぷ みぶりすっきり」
( Shall we Dance? )
[150] satuki => 「ただただみほれ あのひとだーれ きくうちに まぶたにやきつき おもかげよぎる」
( はじめてお邪魔します。よろしくお願いします )
[149] ターキー => 「すてきだな まふらーなびかせ さっそうと あるくすがたに ただただみほれ」
( 若くて凜としてる )
[148] JJ => 「たきびして だんをとります あたたまる ふたりのなかが ちぢまります」
( 焚き火して 暖をとります 温まる 二人の仲が 縮まります(乙女おばさん様、ターキー様、ととろ様 有難う御座います) )
[147] ターキー => 「にらんだら にらみかえされ にげたのよ するとうしろを おっかけてきた」
( 気持ち悪かった )
[146] ととろ => 「かがくしゃは しっぱいしても がんばって にほんいちから せかいいちいに」
( 科学者は 失敗しても 立ち上がり 日本一から 世界一位に  )
[145] ターキー => 「るそんから とうきょうまでの ふなたびは みっかかかるか よっかになるか」
( むつかしいなぁ )
[144] 乙女おばさん => 「ゆうしゅうのび かざりしきみは そつぎょうす あゆむぜんとに さちあれいのる」
( 有終の美飾りて君は卒業す 歩む前途に幸あれ祈る )
[143] JJ => 「なかまたち それぞれたびだつ きせつです そつぎょうしきで ゆうしゅうのび」
( 仲間たち それぞれ旅立つ 季節です 卒業式で 有終の美(乙女おばさん様こんにちは。いつも素晴らしい名首を有難う御座います。) )
[142] 乙女おばさん => 「れんげそう はなのかんむり くびかざり つくりしころが なつかしきかな」
( れんげ草 花のかんむり、首飾り 作りし頃が 懐かしきかな  (子供の頃蓮華の花で作って遊んだ) )
[138] 乙女おばさん => 「さんがつの えがおのような きんせんか ぼうそうのはる ひとあしはやく」
( JJさん こんばんは〜(^^♪ 2月の下旬に 房総の春を・・・ )
[137] JJ => 「やさしいと いわれてうれしい こともある ほんとうはあんがい ちゃっかりものさ」
( 優しいと 言われて嬉しい 事もある 本当は案外 ちゃっかり者さ(私の事です^^; 乙女おばさん様、いつも有難う御座います。) )
[136] 乙女おばさん => 「ななころび やおきのじんせい おもしろき つなぐこよいも たのしからずや」
( 七転び 八起の人生 面白き 繋ぐ今宵も 楽しからずや )
[135] JJ => 「ものがたっている ふゆのさむさが みにしみて それでもげんきに すごすあさかな」
( 物語っている 冬の寒さが 身に凍みて それでも元気に 過ごす朝かな(乙女おばさん様いつもありがとう御座います。) )
[134] 乙女おばさん => 「すてきだよ なにかいいこと あったのね あふれるえがおが ものがたっている」
( JJさん 繋いでいただき ありがとうございました。 )
[133] JJ => 「こうらほんてん かにりょうりの めいてんです おいしいりょうりが たくさんでます」
( 甲羅本店 カニ料理の 名店です 美味しい料理が 沢山出ます(乙女おばさん様。繋いでいただき大変感謝しております<(_ _)>) )
[132] 乙女おばさん => 「ささやかな おいわいごとも うれしいな こらとそろって こうらほんてん」
( 次男夫婦が車で迎えに来て 今度の土曜日甲羅本店で昼食会。 )
[131] JJ => 「できそうで できないことが やまほどと むりせずすすむ わがじんせいさ」
( 出来そうで 出来ない事が 山ほどと 無理せず進む 我が人生さ(皆様ご心配をお掛けして申し訳ありません。本日より本格的に復活します。) )
[130] 乙女おばさん => 「じてんしゃで やまさかこいで すいすいと むかしたいへん いまでんどうで」
( 起伏のあるところでは電動自転車があるので大助かりです。 )
[129] せーやん => 「たまにかつ だからやめれぬ きょうてい ここのしゅじんの けいばとおなじ」
( 偶に勝つ だから止めれぬ 競艇 此処の主人の 競馬と同じ  JJさん失言でしたすみませんね )
[128] ぎっちょ => 「でてますね きょうのしまは うんがいい あしたもここに すわるときめた」
( パチンコしたことないですが並んでいる台のことを島と呼ぶのですよね? )
[127] せーやん => 「めだしぼう かぶっていくか しごとにね ごうとういくのと まちがえないで」
( 眼だし帽 被って行くか 仕事にね 強盗行くの 間違えないで )
[126] JJ => 「りすうけい あんがいとくいな わたしかな ぶんけいなどは からっきしだめ」
( 理数系 案外得意な 私かな 文系などは からっきしダメ(実話ですかね^^; 風邪をこじらせましたが、本日から復帰です。) )
[125] ぎっちょ => 「ちからもち まさかりかつぎ きんたろう まいにちやまで くまとすもうとり」
( ほんとの昔話ですかね( ̄▽ ̄;) )
[124] 乙女おばさん => 「だいすきな うたでりずむを とりながら きょうもたのしく すごすいちにち」
( JJさん いつもありがとうございます。 )
[123] JJ => 「らくをして おかねをかせぐ ほうほうが わからないです それでいいのだ」
( 楽をして お金を稼ぐ 方法が 解らないです それで良いのだ (苦労してこそでしょうね^^; いつも有難う御座います^^♪) )
[122] ぎっちょ => 「すいてます どこにいっても このまちは どうしてこんな なのかしら」
( それは人口に関係あります^^ )
[121] JJ => 「にじゅうまん それでもまちは にぎわって かいものきゃくが たくさんいます」
( 二十万 それでも街は 賑わって 買い物客が たくさん居ます (皆様いつも素晴らしい名首のご投稿有難う御座います^^♪) )
[120] ぎっちょ => 「いなかまち すんでるところ ほんとうに じんこうわずか にじゅうまん」
( 正確には29万人くらいの神戸市に近い市です。 )
[119] せーやん => 「たまにはね だいてやりたい きもするが さきにいびきかき ねるわがぐさい」
( 偶にはね 抱いてやりたい 気もするが 先に鼾掻き 寝る我が愚妻 )
[118] JJ => 「よくみると わがよめなりと おもうなり だけどたにんの かのじょであった」
( よく見ると 我が嫁なりと 思うなり だけど他人の 彼女であった(皆様。いつもまことに有難う御座います<(_ _)>) )
[117] せーやん => 「のんだとて わすれることが できぬひと こんやもひとり てじゃくざけよ」
( 飲んだとて 忘れぬ事が 出来ぬ人 今夜も一人 手酌酒よ )
[116] ぎっちょ => 「ぐっときた かなしいはなし きかされて やめてください なみだがでるの」
( 悲しい恋のお話しでした^^ )
[115] 乙女おばさん => 「うれしいね きみのことばに またつなぐ にんちよぼうに のうとれにんぐ」
( 脳トレ…楽しい仲間とつないでうれしいですね。 )
[114] JJ => 「るーといん よいほてるだな ぜったいに さーびすまんてん きぶんさいこう」
( ルートイン 良いホテルだな 絶対に サービス満点 気分最高(乙女おばさん様の名首には負けますが。。。^^; おやすみなさいませzzz) )
[113] 乙女おばさん => 「ななころび やおきであゆもう だるまさん きんしのもじを ついわすれてる」
( 今日は大丈夫かなと読み返し見る。。。 )
[112] JJ => 「ひまんたいなり しなけりゃならぬ だいえっと やせていけめん めざすわれかな」
( 肥満体なり しなけりゃならぬ ダイエット やせてイケメン 目指す我かな (せーやん様の名首には負けますが。。。^^;) )
[111] せーやん => 「すぐそこへ いくにもくるま りようする わががつくった ひまんたいなり」
( すぐ其処へ 行くにも車 利用する 我がが作った 肥満体なり )
[110] JJ => 「わすれるために ひびのどりょくも しないとね それができない わたしがいます」
( 忘れるために 日々の努力も しないとね それが出来ない 私がいます (ぎっちょ様はもう悟りを開かれましたね^^♪) )
[109] ぎっちょ => 「せのびする てんをあおいで きもちよく いやなことなど わすれるために」
( ですかね。 )
[108] JJ => 「かえりたい あのひのおもいで わすれない そういうともに であえしあわせ」
( 帰りたい あの日の思い出 忘れない そういう友に 出会え幸せ(皆様いつも素晴らしい名首の披露有難う御座います。) )
[107] せーやん => 「よんでるね みなさまうまく かんがえて われもまけずに あたまひねるか」
( 詠んでるね 皆様旨く 考えて 我も負けずに 頭捻るか )
[106] ぎっちょ => 「みましたよ はるこうばれー あわれだね みやこのしりつ みごとまけたよ」
( 以前は北海道の高校が強かったそうですね。 )
[105] 乙女おばさん => 「たのしくて しりとりつなぐ きょうもまた だれからだれへ つなぐたのしみ」
( 楽しく )
[104] JJ => 「らいねんの はなしをすれば おにわらい せつぶんしながら かんがえていた」
( 来年の 話をすれば 鬼笑い 節分しながら 考えていた (まだまだ先の話ですが。。。^^; 皆様こんばんは。) )
[103] 乙女おばさん => 「すずやかな きみのおかおが ほころんだ なにかいいこと あったのかしら」
( (涼やかな 君のお顔が 綻んだ 何かいいこと あったのかしら) )
[102] JJ => 「なしごれん いちどでいいから たべてみたい きっとおいしい あじがします」
( ナシゴレン 一度でいいから 食べてみたい きっと美味しい 味がします(皆様へ いつも素晴らしい名首を有難う御座います。) )
[101] ぎっちょ => 「ずるずると あとをひきずり いつまでも おとこのくせに もんくをいうな」
( 男らしくない誰かさん。 )



Arranged by JJtaiyaki/ Original by NUCLEUS